FC2ブログ
HOME ホーム
CONCEPT CY'sが目指すもの
MENU ヒーリング&セラピー
EVENT イベントのご案内
BLOG セラピスト日記
INFORMATION お問い合せ・アクセス・リンク
いちゆりLove Life CY’s Yuri のブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                           音を聴く絵


今日はお客様からのお電話やメールのご質問に今 私がお伝えできることを答えさせていただきます。
いつも率直なご意見やお問い合わせをありがとうございます。

 
お問い合わせを多くいただいております「サウンドヒーリングって???」について
ホームページ内によくあるご質問コーナーをつくりお答えしました。

また今 お越しいただいている皆さんからの「なんでこんなに気持ちイイの???」について
サウンドヒーリングのご説明に追記させていただきましたので口頭でご説明できなかった内容もあるかもしれませんのでご覧ください。


そして今後も音の持つ大きな力と可能性について、私たちの身体と音の関わりについて
内容を深めて参りますので是非 ご覧いただけると嬉しいです。




システム



古来より人々は音楽を治療として用いてきました。

古代の学者たちは宇宙の法則を表したものが音楽であり、

心と体の調和、自然との調和、精神性を高めることを目的に音楽を使っていました。

そして音楽には健康を促進し、治癒を促す力があると考えられていました。


エジプトの医学書には不妊やリューマチの痛みに効く歌の記録が残されています。

ギリシアではフルートの音が坐骨神経痛と痛風の痛みを鎮めたと伝えられています。



宮沢賢治の童話「セロ弾きのゴーシュ」は森の動物達がゴーシュの弾くチェロの響きで

病気を治したというお話です。

チェロの低い音の振動が野ねずみやウサギの身体に伝わり、心地よいマッサージ効果を

生み血流がよくなって自然に病気が治ったという訳です。

科学者でもあった宮沢賢治らしいお話です。


音は音波としてからだの細胞一つ一つに細かな波紋を広げ、体の中を伝い、

心地よい上質の体感振動として体の深部に物理的マッサージ効果を与え、

血流やリンパの流れを促進させます。


しかし音が秘めた大きな力はそれだけにとどまりません。

なぜ9.11の時 このサウンドヒーリングがニューヨークで活躍し、トラウマの解消や
吸い込んだ金属のデトックスになったのでしょうか。


音は直接 体に作用するだけでなく、感情レベル、思考レベル、霊的レベルに

深く触れ、その人を変容させることによって結果的に体に作用するという効果をもたらします。


音楽の振動を体に伝えるヒーリングバイブレーションは、ガンの患者さんの細胞にダイレクト

に働き、心に深い安らぎをもたらします。

そして自分自身の生命のエッセンスに触れる効果的な補助役として役に立っていると

治療に取り入れているコーネル大学ニューヨーク病院のがん予防センターの

ミッチェル・ゲイナー医学博士はおっしゃいます。



本来の私自身に戻るため、私らしく活き活きと生きるために私はサウンドヒーリングを選びました。 
“ 変容 ”とはなにか違うものになるのではなく、本来の自分自身に戻るということです。


どうぞ音が人の心と体に働きかける極上のバイブレーションを

その耳でその身体で感じてみてください。



そして緩んだやわらかさの中にある本質、強さ、大事なものを感じてください。

今の自分と本来の自分のギャップは頼もしい存在なのかもしれません。




すべてはあなたの中にあります。


そして脳の効果的学習方法 “インパクト”と“繰り返し”を
お身体にもご活用いただくことをオススメします。

極上の体験を繰り返すことで本来の極上なあなたに無意識でナチュラルにあなたらしくつながってゆくことでしょう。

そこにはどんな極上のあなたがいるのでしようか



あなたが選んだこの時だからこそ、 
            ただそれを信じて今わたしの出来る限りのサポートをさせていただきます。




                              セラピストyuri カサブランカ





スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


このページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。